忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 進撃の巨人/SS > 進撃の巨人 SS(4)

水響庭Blog

日々、思いつくまま書き連ねて行く駄文妄想blogです。 One piece/12、進撃の巨人/エルリその他を亀更新していきます。 作品はシリーズ毎のカテ分けになっています。 現状はOne piece、進撃の巨人のみになります。話は基本R15、R18を含む流れになりますので、苦手な方はご注意下さい。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

進撃の巨人 SS(4)

リヴァイ班「兵長に告白してみた」(1/1)

▼キャラ崩壊注意
▽ネタバレなし
▽リヴァイ班→リヴァイ
▽ほんのりエルリ
▽ほのぼの安心全年齢

拍手[0回]

-----------------------------------------------------

〜旧調査兵団本部 訓練場〜

オルオ「おいみんな、罰ゲームしようぜ」

ペトラ「罰ゲーム?」

オルオ「そうだ、このくじの中に一本だけ印がついたものがある。それを引いた奴が兵長に告白するんだ!スリリングだろ?」ドヤァ

ペトラ「そんなの…、ゲームにかこつけてオルオが告白したいだけなんでしょ?」ジトメ

エルド「確かにやってみたいがリスクが高いな…壁外調査を前に死ぬことになるかもしれん」

グンタ「しかし、兵長の空気感がわからんうちは怖いな」

オルオ「それじゃあエレン、お前が特攻してこい!」

エレン「え、え!?冗談ですよね、やめて下さい…」オロロ

エルド「まあ、エレンならば酷いことにはならんだろ」

ペトラ「見たい見たーい//」キラキラ

グンタ「面白いな、リヴァイ班の通過儀礼だと思って行ってこいよ」

エレン(え、だって"罰"ゲームだろ?うわぁ、誰も味方がいない…)

オルオ「よし、じゃあ夕飯後に行ってこいよ!見ててやるから」

エレン「…」ウワァ

リヴァイ「おいお前ら、休憩は終わったぞ。さっさと訓練に戻れ」

リヴァイ班「はいっ!」キリッ

〜旧調査兵団本部 食堂〜

ミンナオチャダヨ-

リヴァイ「さて、部屋に戻るか」カチャ

リヴァイ班(今だ…)ガタガタ…

エレン(みんないなくなった…合図だ…)

エレン「あの、兵長、お話が…」アセ

リヴァイ「なんだ」

エレン「あ、あの、いや…違うんです!兵長見てたらなんかその…//」タキアセ

リヴァイ「あ?」ジトメ

壁|_ー;)ジ-

ペトラ(うわぁ、エレンたらあんなに真っ赤になってシドロモドロで…//)
エルド(なんか演技には見えないな//)

リヴァイ「なんだエレン、言いたい事があるならはっきり言え」

エレン「っすみません!あ、あの、俺…//」

エレン(何やってんだよ俺、嘘なんだからさっさと言っちゃえよ!)

エレン「兵長の事が好きなんです!!//」ドン!!

グンタ(言ったー!)ドキドキ
オルオ(やるじゃねぇかクソガキ…!)

シ------ン

リヴァイ「…あ?」

エレン(ヤバいヤバい!殺される!)ヒイィィィ

リヴァイ「…なんだエレン、欲求不満で頭がおかしくなったか?」ジリジリ

エレン「いや、その、すみませんでしたぁ!」ドゲザ-

リヴァイ「…今の奇行は、他のやつらがここにいない事と関係あるのか?」ギラッ

ペトラ(ねぇオルオ!バレてるよ!)アワワ
オルオ(クソ、こりゃ逃げるしかねぇな)

リヴァイ「おい、お前ら!ボコボコにされたくなかったら出てこい」

リヴァイ班「…」スゴスゴ

オルオガイイダシッペダカラネ!
ミンナキョウハンダロ!

リヴァイ「おい、ペトラ…」

ペトラ「は、はいぃっ!」ビクッ!

リヴァイ「これは何の真似だ」ジト

ペトラ「いや、あの、冗談だったというか、たまにはこういう遊びも必要かなと…」シドロモドロ

リヴァイ「あ?」ギロ

ペトラ「ひいぃっ!す、すみませんでしたぁ!」ドゲザ-

エルグンオル「…」タキアセ

リヴァイ「お前らいい機会だ、全員そこに正座しろ」

リヴァイ班「はい!」ビクッ!

リヴァイ「お前らここに来てから弛み過ぎだ。いくらこの…」

クドクドクドクドクドクドクド…

〜一時間後〜

リヴァイ「この班の使命を忘れるな。俺たちは…」

クドクドクドクドクドクドクド…

エルド(足の、感覚がぁ…!)ブルブル
グンタ(出た…ハンジ分隊長に匹敵する兵長の説教…!)
オルオ(…)ブクブクブク
ペトラ(オルオ!気絶しちゃダメだよ!)
エレン(ヤバい、もう兵長が何喋っているか全然頭に入ってこない…まさか朝まで続くのか…?)プルプル

ガチャ…

エルヴィン「リヴァイはいるか?」チラッ

エルド「団長ー!」
グンタ(助かった…)
オルオ「」ブクブク

リヴァイ「何しに来たんだエルヴィン、今は忙しい」

エルヴィン「何しにって、事前に連絡した筈だよ。中央の件の報告だ。お前の部屋でいいか?」

リヴァイ「チッ。お前ら今日はこの辺にしておいてやる。二度と下らねぇことすんなよ」ジトメ

リヴァイ班「はいっ!申し訳ございませんでしたぁ!」ズザ-!

〜旧調査兵団本部 中庭〜

リ-リ-リ-

エルド「はぁ、今日は悪ふざけが過ぎたなぁ」フゥ

グンタ「一番の被害者はエレンだろ、悪かったな」

エレン「いえ、先輩方と一緒にふざけられて、終わってみたら楽しかったですし」ハハ

ペトラ「そういえば団長、まだいるみたい。今日泊まっていくのかしら…」

オルオ「どこにだ?」

ペトラ「そりゃ、リヴァイ兵長の部屋に…//」フフフ

エレン「え!?あの二人ってそうなんですか!?」ギョッ

ペトラ「あくまで噂よ、噂!」ブンブン

エルド「または皆の願望か…」

リ-リ-リ-

オルオ「…なぁみんな、ゲームしないか?このくじの中からハズレを引いたやつが、団長に二人の関係を聞きに行くっていう…」

リヴァイ班「いい加減にしろ」

◎おしまい◎
-----------------------------------------------------
兵長って聞き返す時「あ?」っていいますよね。いつも浜ちゃんをおもいだしてしまいます。
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

プロフィール

HN:
伊織
性別:
女性
自己紹介:
日々マルエー妄想に侵された生活を送っている管理人です。
休日と平日の大半をアッチの世界で過ごしています。

お問い合わせ、ご連絡は以下まで。
作品へのご批判以外は何でも受け付けていますが、
返信はブログ内でするかもしれません。
suikyotei★gmail.com(★→@)

外部リンク