忍者ブログ
Home > > [PR] Home > One piece/マルエー 【ヒノトリ】 > ヒノトリ(4)

水響庭Blog

日々、思いつくまま書き連ねて行く駄文妄想blogです。 One piece/12、進撃の巨人/エルリその他を亀更新していきます。 作品はシリーズ毎のカテ分けになっています。 現状はOne piece、進撃の巨人のみになります。話は基本R15、R18を含む流れになりますので、苦手な方はご注意下さい。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒノトリ(4)

CP/マルエー
マルコがどんどんズルい大人になっていってる気がします。いいんですけども。書いていていつも楽しいです。
エースを落とすために周到なマルコさんという感じの4話目です。

拍手[6回]

-----------------------------------------------------

マルコが部屋に入って暫くすると、控えめに扉をノックする音が聞こえた。
夜も更け始めるこの時間に訪れるのは、約束を交わした人物しかいない。
マルコはベッドからゆっくり起き上がると、読んでいた航海術の本に紙切れを差した。
勿体ぶって一呼吸置いた後、「開いてるよい」と扉の前の人物に声をかけた。マルコは何事も楽しみを焦らすのが好きなのだ。
キ、キーと遠慮がちに開いたその先には、期待した人物そのものが立っていた。
「お邪魔しまーす・・・」
誰かの隊長室に入るのは初めてなのであろうエースは、部屋の中をマジマジ見ながら、恐る恐る入ってきた。
「なんだよい、エース。急に畏まって」
マルコは普段自由気ままな振る舞いが多いエースの、礼儀正しい一面が面白くなり思わず微笑んでしまった。
「いや、隊長室すげぇなと思ってさ。いいなぁ、こんな部屋一人で使えるなら、隊長になる価値はあるよな」
エースは、マルコが笑っているので緊張が解れたのか、書類棚や机を手でなぞって部屋を観察していた。
まだ、緊張の後で耳が赤く染まっている。マルコはそんなエースの垢抜けない一面を見るのも好きだった。
ベッドと物書き机しかない簡素な広い部屋で、何処に座って良いかわからないエースをマルコは巧みにベッドに誘った。
「ソファは邪魔だからサッチにやったんだ、ベッドの方に座れよい」
本当は誰か来たときの為の椅子もあったが、事を運びやすくするためにマルコは嘘を言った。
マルコにそう言われて、元が素直な性格なのかエースは迷いなくベッドに腰掛けた。
エースはベッドに片足を上げて、棚に酒とグラスを取りに行っているマルコを目で追うと、はやる気持ちが抑えきれないのか、こう切り出した。
「なあ、マルコ隊長。早く青い鳥に会わせてくれよ」
マルコは片手で持った二つのグラスをカチャンと鳴らしながら、ベッドに戻りエースの隣りに腰掛けた。
「まあ、そう焦るなよい。俺は約束を破らねぇ。今日は酒に付き合ってくれるんだろ?」
マルコはそう言って、エースにグラスを一つ渡すと、酒をなみなみと注いだ。
ツンと鼻をつく程のアルコールに、エースは匂いだけで酔いそうになる。
いつも仲間内で飲む酒より相当強い筈だ。
エースは二人で乾杯する前に、思わず舌でチロッと味見をしてしまった。
「薬みてぇだ」
「こら、乾杯してねぇのに口付ける馬鹿がいるかよい」
マルコは自分のグラスにも同じ酒を注ぐと、瓶の底でエースを小突いた。
「悪りぃ、飲めるかなって思っただけだ」
エースは笑うと、「ま、いっか」とあっさり受け入れ、マルコのグラスに自分のグラスをぶつけた。
「かんぱーい!」
「陽気な奴だ、飲みすぎるなよい」
マルコはそう言って、勝手に始まったささやかな宴を楽しんだ。

飲み始めてから、エースは酒が弱いというのが嘘のようにマルコのペースに付き合った。隊員達の間でエースは愛嬌があって面白いと言われている噂に違わず、お酒が入って地がではじめると、エースは聞き上手でもあり話も面白かった。
マルコは、エースを酩酊するまで酔わせるつもりはなかったので、瓶に酒をが無くなるころになると、頃合いを見計らって本題に移ることにした。
酩酊して身体も動かず、記憶も曖昧になる程飲んだ相手を垂らしこんでも面白くない。
酔って行動が大胆になり、自分の行動を自覚してやっているくらいが面白いのだ。次の日、酔いが冷めて素面になった時の態度を見るのも悪くない。
エースを見て、いい具合に酒が入ってきたのを確認すると、マルコはエースの持つグラスをそっと取り、物書き机に上げた。

- Continue -
-----------------------------------------------------
突然ですが、同人二次創作の良いところは見たいものが世に無ければ自分で作る!てとこだとも思います。
こんなのが見たかったのか管理人orzというのはナシで・・・。
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

プロフィール

HN:
伊織
性別:
女性
自己紹介:
日々マルエー妄想に侵された生活を送っている管理人です。
休日と平日の大半をアッチの世界で過ごしています。

お問い合わせ、ご連絡は以下まで。
作品へのご批判以外は何でも受け付けていますが、
返信はブログ内でするかもしれません。
suikyotei★gmail.com(★→@)

外部リンク